選べる治療「湯治」自然の力で自己回復力や治癒力を高めたい方に

最新湯治場ガイド

日本古来の民間療法「湯治」は、自然治癒力を高め活性化させる!

HOME » 湯治場と病気の関係 » アトピー性皮膚炎と湯治場

アトピー性皮膚炎と湯治場

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎の原因は遺伝的にアレルギー体質だったりハウスダストなど外部からの刺激だと言われています。症状はかゆみを伴う湿疹の繰り返しです。

特に顔や首に発疹しますがひどくなると全身かゆくなります。このかゆみから肌を掻き症状がひどくなってしまいます。かゆみを抑え、肌を掻かなくてもよい状態にするための、沈静作用がある泉質はいくつかあります。

きちんとした知識を持ち、専門療法士に相談すれば、きっとアトピー体質の方にもあう泉質に巡り会うと思います。自発的な治療方法としての湯治が治療の選択肢のひとつになれば、より前向きに治療に取り組めると感じています。

アトピー性皮膚炎に効く泉質は

美人の湯と言われているお肌にいい泉質「単純温泉」は、さまざまな成分が豊富に含まれているのに刺激が少ないため高齢者の人やお肌の弱い人にも安心して利用できます。

「炭酸水素塩泉」は、湿疹のためお肌が荒れているひとにおすすめです。皮膚の角質が柔らかくなり、汚れた皮脂も落すといわれています。

二酸化炭素泉(炭酸泉)は低温で保湿効果があり、お肌がなめらかになり、塩化物泉(食塩泉)は、保湿効果が高いので症状の軽い人にはおすすめします。しかし痒みのため掻き、皮膚に傷がある人はしみる場合がありますのでおすすめしません。

また、硫黄泉は、鎮痛・鎮痒作用があり、皮膚の角質をやわらかくしますが、高温で刺激が強いので症状の軽い人向けです。

長期間の湯治により完治した症例がある泉質として薦めていただいたのが、含銅--鉄泉(酸性―含銅・鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉)
です。

専門的な名称のため覚えるのが難しいのですが、簡単にいえば鉄泉に銅が含まれている泉質のことをさします。
この泉質は、アトピー性皮膚炎のお薬であるステロイド剤の使いすぎでかえって症状が悪化したお肌を、長期間の湯治のすえ完治させた実績が多くあります。

ただアトピー性皮膚炎の人はお肌がとても乾燥しています。またかゆみによる掻き壊しでお肌が荒れ、大きなストレスを抱えています。
そのため、湯治に強い気持ちで臨みたくとも積極的になれない場合もあります。

前向きな気持ちで湯治にのぞむためにも、入浴方法はその湯治場の温泉療養医やかかりつけの医師の診察などにあわせながら、じっくりとが肝要です。まさに「急がばまわれ」精神ですね。

おすすめの湯治場

北海道の登別温泉、秋田県の玉川温泉、群馬県の草津温泉の一部の源泉に上記の含銅―鉄泉の泉質が含まれていますので効果が期待できます。

痛みとかゆみから解放される方法は医療技術の進歩により日々進化していますが、自然の力に頼る、本来自分の持っている力を出すための方法として、湯治は強い味方になってくれると思います。

 
ページの先頭へ
HOME » 湯治場と病気の関係 » アトピー性皮膚炎と湯治場
copyright c 最新湯治場ガイド All Rights Reserved.