選べる治療「湯治」自然の力で自己回復力や治癒力を高めたい方に

最新湯治場ガイド

日本古来の民間療法「湯治」は、自然治癒力を高め活性化させる!

HOME » 湯治場の魅力とは? » 泉質と効能の関係

泉質と効能の関係

効能とは?

薬を飲んだり、薬を塗ったりしての治療によって得られる効果や、温泉にはいったり、飲んだりして得られる効果を効能といいます。

全ては自分にあったものを与えられ、選んでいるかにかかってきます。

湯治の場合は入浴よりも、より直接的に体に働きかける、温泉を飲んで最大限その効果を引き出すという飲用は症状によってはむかない場合もありますので事前に確認することが大切です。

湯治場によっては打たせ湯などのように患部に上から温泉を落とし、お湯の熱と圧力で指圧のようなマッサージ効果があるものもあります。
また、ただ寝ているだけで万病に効く岩盤浴、砂に埋もれる砂風呂というものもあります。

湯治スタイルも自分がその湯治にむいているかどうかの重要な判断材料になってくるので気にかけたいところです。

でも、やはり知りたいのは泉質のこと。泉質別に効能が違うという点を理解することが重要です。

知りたかったのは泉質別の効能

単純温泉は日本各地に数多くある温泉です。無色透明で含まれる成分が薄いので肌の弱い人や高齢者の人にも向いています。また何らかの病気や怪我などからの回復後の療養に訪れる人が多くいます。昔から名湯と呼ばれるお湯がこのタイプです。

塩化物泉(食塩泉)は高齢者向きです。名前の通り塩分が含まれているので湯上り後もずっと暖かく保湿効果も高いので別名「熱の湯」ともよばれています。神経痛やリウマチなどに効き、飲用すると胃腸病や便秘には効きますが、高血圧や腎臓病、体にむくみがある人にはおすすめできません。

硫黄泉はニオイですぐにわかります。高温のお湯が多いため動脈硬化や喘息、リウマチなどに効きます。皮膚の角質を軟化させるので皮膚病や美肌効果もありますが、刺激が強いためかぶれる人もいます。

含銅―鉄泉は鉄泉に銅が含まれているものでほとんどみられない泉質です。しかし登別温泉、玉川温泉、草津温泉はこれです。アトピー性皮膚炎がひどくなった人への効果が注目されています。そのうえ玉川温泉の岩盤浴は糖尿病や高血圧、通風にも効き目があります。

泉質によって効能もそれぞれだということが見えてきますね。

病気や怪我の症状は違いますし、複数の症状を抱えている人もいます。
何に効能を期待するのか、それによってはじめて湯治場の選び方の基準ができるのです。

 
ページの先頭へ
HOME » 湯治場の魅力とは? » 泉質と効能の関係
copyright c 最新湯治場ガイド All Rights Reserved.