選べる治療「湯治」自然の力で自己回復力や治癒力を高めたい方に

最新湯治場ガイド

日本古来の民間療法「湯治」は、自然治癒力を高め活性化させる!

HOME » 日本各地の湯治場 » 東北の湯治場

東北の湯治場

玉川温泉

東北地方で代表的な湯治場と言えば誰もが秋田の玉川温泉をあげるとおもいます。その証拠に、年間25万人の湯治客が訪れるています。

玉川温泉は、酸性―含二酸化炭素―アルミニウムー鉄(Ⅱ)塩化物泉。源泉は98度で、毎分9000リットル(約ドラム缶45本分)もの熱湯が噴出す「大噴き」は圧巻です。

効能は入浴でアトピー性皮膚炎などの慢性皮膚病、胃腸病、肝臓などの新陳代謝疾患、高血圧、切り傷などに効きます。

飲泉もでき胃腸病、糖尿病、貧血などに効きますが、泉質がとても強いため、症状と状態にみあった飲泉を把握する必要があります。

また、癌などに有効といわれている岩盤浴での湯治客がとりわけ多いのも玉川温泉の特徴です。

入浴と飲泉での療養

入浴は強い塩酸が主成分のpH(水素イオン指数)が1.2という、日本一pH数値が低い泉質のため濃度別になっています。

源泉100%、50%、30%それぞれに「熱い湯」「温かい湯」「うたせ湯」「寝湯」「頭浸湯」とあり、それぞれ症状や体質にあわせた入浴をすすめられます。

かなり普通のお水で薄められているため飲泉もできますが、成分が強いので飲泉後は普通のお水で口をすすぐかストローを使ってください。

なぜなら歯にお湯つくとエナメル質がとけるからです。想像以上にすごい泉質なので効果が期待できます。

岩盤浴での療養

岩盤にゴザやタオルを敷いて薄着で毛布やタオルケットに包まれて寝ると、地熱の温熱と岩盤からの低線放射によるホルミシス効果により細胞が活性化し、血流はもちろん、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力が高まります。

玉川温泉の岩盤は天然鉱石「北投石」や花おう岩など、台湾の北投温泉と日本秋田県の玉川温泉のみ産出する世界的にも希少価値の高く、ラジウム等を含んだ放射性を持つ特別な鉱石です。

自然界に存在する低放射能は、ホルミシス効果がとても高く、癌の治療にも取り入れられています。この「ホルミシス効果」に着目した治療方法が、近年医学界で注目されているといいます。最新の医療技術と同じ手法が、玉川温泉の岩盤浴で得られるのです。

また、玉川温泉の大気にはラドンが大量に含まれています。空気を吸うだけで血液をきれいにしたり、こりや痛みの原因である老廃物をなくすなどの効果もあるそうです。

湯治に付き添った人たちからも、体が軽くなる、調子がいいという声をききます。なるほどと感じるエピソードですね。

 
ページの先頭へ
HOME » 日本各地の湯治場 » 東北の湯治場
copyright c 最新湯治場ガイド All Rights Reserved.